収益認識会計基準 簡易影響診断サービス

  1. アガットコンサルティング ホーム>
  2. サービス紹介>
  3. 収益認識会計基準 簡易影響診断サービス

収益認識会計基準 簡易影響診断サービス

「収益認識会計基準」を適⽤した際の論点を洗い出し、その影響を調査するサービスです。

収益認識会計基準 簡易影響診断 ~サービス概要~

内容

収益認識基準適⽤の際の論点の洗い出しと整理をサポートします。

検討に必要なフォームの提供
契約から履⾏義務の洗い出し
論点の洗い出しと整理
検討した取引について5STEPへあてはめ表の作成・とりまとめ
論点整理シートの作成・とりまとめ

期間

1ヶ⽉〜2ヶ⽉程度 (貴社での調査2⽇、レポート作成1⽇)

費用

50万円(税抜)

適⽤する際の課題

これまでは、企業会計原則は存在したものの、収益認識に関する包括的な会計基準はありませんでした。 したがって、本基準で定められている原則に従い会計処理⽅法の⾒直しを⾏う必要があります。 その際、特に以下のような影響が⼤きい事項や対応に時間を要する事項については、早めに把握しておくことが重要です。

1.
収益認識のタイミング・⾦額・⾒積りの必要性の再検討
2.
業務・システム・経営管理への影響の検討
3.
状況によって、戦略的な監査⼈との折衝
  専⾨知識をもったヒト
⬅︎ 検討⽤ツールなどのモノ
  時間などが必要

また、平成33年4⽉1⽇の本適⽤に間に合わせるためには、影響度を早急に把握し、 マニュアル作成などの管理体制を整える必要があります。

本サービスの3つの特徴とメリット

特 徴 メリット
⼤⼿監査法⼈でIFRS(≒収益認識基準) 導⼊経験が豊富なコンサルタントが担当します。 プロジェクト全体を⾒通し、 限られた資源を重要・優先すべき作業に適切に配分することが可能です。
検討のためのフレームワーク(ツール)を提供します。 “検討⽅法の検討”のような無駄を省き、 効率的なプロジェクト推進が可能です。
監査法⼈の監査品質の保持のための チェック体制に備えた理論武装の基礎を築きます。 監査法⼈との折衝を 効率的・効果的に進めることが可能です。
アガットコンサルティングへのお問い合わせはこちら
  • お問い合わせメールフォームからお問い合わせする
  • 資料請求はこちら当社サービスをより深く知りたいという方
サービス紹介